『入る学科間違えた高専生』の日記

プログラミングのコードを書いたりする予定です。あとは日記等。あといつまで高専生やねん

【Mac】wxPythonを動かしてみる

nnsnodnb.hatenablog.jp

前回はPythonをインストールしてみましたので、次はwxPythonをインストールしてみようと思います。

Pythonがインストールされていることが前提です。
デフォルトで入っているPythonでも動くとは思います。

公式サイトよりインストーラーをDLしてください。

f:id:nanashinodonbee:20150407180558j:plain

今回はcocoaを使用します。
指示に従ってインストールをしてください。

実際の作業は以上で終わりです。

wxPythonを実際に動かしてみよう

# -*- encoding: utf-8 -*-  
import wx  

app = wx.App()  

frame = wx.Frame(None, -1, 'Hello World!')  
frame.Show()  

app.MainLoop()  

一番簡単なコードです。
実行してみよう!

本来であれば下の画像のようにウィンドウが表示されます。

が、ここでエラーが発生すると思います。
調べるとwxPythonは32bitでしか動かないとかなんとか

ならば!
以下のコマンドを実行してあげる

#!/bin/bash
export VERSIONER_PYTHON_PREFER_32_BIT=yes
/usr/bin/python "$@"

wxPythonを使うために毎回コマンドを打つのは面倒なので、
私は、wxpython.commandというファイルを作りました。

これだけでは実行権がないので、実行権を与えてあげる

ユーザディレクトリにPythonフォルダを設置していて、先ほどのコマンドファイルをここに保存している場合

sudo chmod u+x /Users/[user name]/Python/wxpython.command

ディレクトリは各々の場所に合わせてください。

これで実行権が与えられました。
ファイルを実行するとwxPythonを使うことができます!

私の環境では、コマンドファイルを1回実行すると再起動してもエラーが起きずに使用することが出来ました。


関連記事

【初心者】superπもどきをwxPythonで作ったお話 - 『入る学科間違えた高専生』の日記

wxPythonで作ったものを.appでビルドしてみる - 『入る学科間違えた高専生』の日記

【Windows】wxPythonを動かしてみる - 『入る学科間違えた高専生』の日記

Py2appのオプションドキュメントを日本語訳しただけの話 - 『入る学科間違えた高専生』の日記

入る学科間違えたと気付いた時にはもう遅かった

地獄を生きていくこのサバイバル高専生活果たしてどう生きていく