『入る学科間違えた高専生』の日記

プログラミングのコードを書いたりする予定です。あとは日記等。あといつまで高専生やねん

PushKitのプッシュ通知をPython3(hyper)から送信する

はじめに

ちょっと意味のわからないタイトルになった。いつものことなので大して気にしていない。

developer.apple.com

developer.apple.com

上記のAppleの技術をPython3を使って送信するっていうやつです。

今更感があるがそんなのは関係ないっていうことで。(???)

環境

  • Python3.7.0
  • hyper 0.7.0

pypi.org

開発自体はmacOS 10.14.2で行っていますが、Docker等に乗せても動いたので問題ないかと思います。

続きを読む

Fabricを使ったプロダクトをデプロイするやつ改訂版

はじめに

nnsnodnb.hatenablog.jp

以前にこんな記事を書いたんですが、どうやら古すぎて結局使えなくなってしまっていたので、
新しくまた勉強してなんとか調べまくってできるようになったので書き直しましまし

今回使う Fabric もこれです。

pypi.org

環境

開発 & ローカル

  • Python 3.7.0
    • pip 18.1
    • fabric 2.4.0
    • pipenv 2018.11.26
  • macOS 10.14.2

サーバ

続きを読む

退職(していた)エントリ 2社目

はじめに

タイトル通り、退職(していた)エントリです。2社目です。
本当にお世話になりました。頭が上がりません。

社名をいうと きぼうソフト を退職いたしました。
iOSDC Japan 2017, 2018でスポンサーをしています。

続きを読む

PythonでAPNs Provider APIでのプッシュ通知を実装した

はじめに

今までは、ソケット通信を使って通信するものでプッシュ通知のペイロードの大きさが2MBまででとか、証明書がアプリごとに違ってとか1年毎にサーバに証明書を置き換えないといけないとかすごい手間が多かった手法に慣れていたので使っていました。
しかし、そろそろ面倒になってきたので、 APNs Provider API という HTTP/2 ベースでプッシュ通知を送れて、証明書はアプリに依存せずに使い回せて、証明書の置き換え等の操作をしなくてもよくなるということで実装してみました。

developer.apple.com

開発環境

  • iOS11〜
  • Xcode9.4.1
  • macOS High Sierra
  • Python3.6.4, 3.7.0
続きを読む

Aqoursのライブに関係者席で入らせてください!