『入る学科間違えた高専生』の日記

プログラミングのコードを書いたりする予定です。あとは日記等。あといつまで高専生やねん

【備忘録】Fork元の変更を自分のリポジトリに反映する

やること

  • Fork元をRemoteにAddするざんす
  • Fork元の変更をFetchするでおます
  • Fork元の変更をローカルの時分のリポジトリにMergeするでござる
  • リモート先にPushする

(語尾がおかしいのは仕様)

では始めます

Fork元をRemoteにAddする

Cloneする時に使うHTTPSSSHのURLをコピー

$ git remote add upstream 「コピーしたURL」

upstreamは任意の名前でOK!upstreamとするのが主流らしいです!玄人のみなさんはどうですか?
私はあんまり長いのタイプしたくない&&Pが打ちづらいという理由でFork元のアカウントさんの名前を使わせて頂いています.

一応Remoteに追加されたか確認

$ git remote -v
upstream git@github.com:「Fork元のアカウント名」/「リポジトリ名」.git (fetch)
upstream git@github.com:「Fork元のアカウント名」/「リポジトリ名」.git (push)
origin git@github.com:「自分のアカウント名」/「リポジトリ名」.git (fetch)
origin git@github.com:「自分のアカウント名」/「リポジトリ名」.git (push)

こんな感じにちゃんと入っていればOKです.(URLの部分は今回はSSHでのCloneを前提)

Fork元の変更をFetchする

玄人のみなさんから言わせたら誤解のある表現だ!っておっしゃるかもしれませんが,私もまだ使い始めて間もないガキンチョなんで許してください!多めにみてください!!

$ git fetch upstream

Fork元の変更をローカルの時分のリポジトリにMergeする

Mergeですよ.マージ...併合とかいう意味.Branchをmasterに適用する(?)ときにも使いますよね?

$ git merge upstream/master

リモート先にPushする

何にも考えることなくgit add .git commitをすることもなくただ単に以下略

$ git push

最後に

Git備忘録シリーズ第2弾でした.初心者の方に参考になれば幸いです!

入る学科間違えたと気付いた時にはもう遅かった

地獄を生きていくこのサバイバル高専生活果たしてどう生きていく